土地や建物を借りてから事業を展開する

不動産の問題として、定期借地権がついている建物や土地の評価はどうなっているのか、素人目では判断は付かないものです。
期限付きで賃貸借するのですが、期限がくれば、土地はどんなことがあっても地主に返還しなければならず、更新することはありません。
土地の所有者が定期借地権で土地を貸した場合に、土地の評価が少し下がることを知る人は意外と少ないのではないでしょうか。
計算方式として、課税時期における自用地としての価格、一般定期借地権が設定された時点の底地割合、逓減率などから評価されています。
ここで気になるのは、定期借地権の種類です。
一般定期借地権の期限は50年以上で、目的に制限は設けられていません。
考えられる用途とすれば、住宅地あるいは堅固な建物の商業施設などで、最近では、趣味からプチ開業し、カフェやスクールを開く主婦なども増え、定期借地権、あるいは定期借家権を求めて、お試し開業、事業目的とするケースも増えています。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.

土地や建物を借りてから事業を展開する